クラフトビールって何?

クラフトビールとはどんなビール?クラフトビールって何?を詳しく解説!

クラフトビールとは、伝統的なビール醸造の技法や素材を用いて、小規模な醸造所で製造されたビールのことを指します。その特徴は、ビール醸造における伝統的な技法や、新しい醸造技術を積極的に取り入れたり、独自のアイデアを盛り込んだりすることにあります。また、原材料にもこだわり、高品質な麦芽、ホップ、酵母を使用することが一般的です。クラフトビールは、味わいの多様性や、製造元の個性が表れることが魅力的な特徴として挙げられます。

クラフトビールとは
小規模な醸造所で製造されたビールのことで、味わいの多様性や、製造元の個性が表れることが魅力!

目次

クラフトビールの基本的な定義や歴史

クラフトビールの歴史や起源について

クラフトビールの起源は、1970年代のアメリカに遡ります。当時、ビール市場は、大手ビールメーカーが製造する、製品の味や製法に大差のないビールで占められていました。しかし、この状況に疑問を持った一部のビール愛好家たちは、自分たちでビールを醸造することから始めました。

彼らは、伝統的なビール醸造の技法や素材にこだわり、高品質なビールを生産し始めました。その後、クラフトビールは徐々に広がりを見せ、現在では世界中で愛されるビールの一つとなりました。

STEP1
1994年 酒税法改正

これまでビールは年間最低製造量が2000klと大規模な設備が必要とされ、ビールを作るのには多額の投資が必要とされていましたが、酒税法改正に伴い、年間最低製造量が2000klから60klに引き下げられました。

STEP.2
小規模の醸造所が次々誕生

ビールの年間最低製造量が2000klから60klに引き下げられたことで、ビールへの生産のハードルが下がり、全国に小さな醸造所がたくさん生まれました

STEP.3
ブーム到来

法改正からわずか5年で、観光地を中心に全国で300以上の醸造所が誕生!

当時はクラフトビールではなく、「地ビール」と呼ばれていました。

STEP.4
2003年 地ビールブーム衰退

ブームで増え続けた醸造所ですが、観光地メインで販売していたことや、味のばらつき、環境や習慣から消費者になかなか受け入れられなかったこともあり、第1次「地ビールブーム」は衰退。

STEP.5
醸造所は年々増加

その後、醸造所は2021年までに、559ヶ所の醸造所が誕生。醸造所が急増した当初に比べ、醸造技術も向上していきます。

STEP.6
宅飲み需要による再ブーム到来

楽天などのECサイトでの販売やコンビニエンスでの販路拡大など、消費者に受け入れられる体制を築いていきました。

クラフトビールが世界的に注目されるようになった背景について

クラフトビールが注目されるようになった背景には、ビール市場の多様化が挙げられます。現在ビール市場は17年連続縮小している中、ひそかに成長しているのがクラフトビールです。

出所:アサヒグループホールディングス

なかでも「よなよなエール」などを生産し、19年連続増収と業績を伸ばしている国内のクラフトビールの代表格である、ヤッホーブルーイングです。家飲み需要に加え、セブンイレブンなどのコンビニエンスストア各社への販路拡大により、クラフトビール人気を底上げしています。

 

出所:ヤッホーブルーイング

元来、一般的なビール市場は、大手ビールメーカーによって支配されており、味わいに大差のないビールが多く製造されていましたが、クラフトビールの登場によって、ビール市場は多様化し、味わいの多様性が求められるようになりました。また、クラフトビールは、製造元の個性やこだわりが表れることが魅力的であり、消費者からの支持を集めるようになりました。

ヤッホーブルーイングではよなよなエールのおためしセットで、さまざまなクラフトビールを楽しむことができます!

クラフトビールの醸造プロセスや製法

クラフトビールの醸造に必要な原材料や工程について

クラフトビールの原材料としては、麦芽、ホップ、酵母、そして水が必要不可欠です。

麦芽(ばくが)は麦の種子を発芽させて乾燥させたもので、クラフトビールの醸造においては、麦芽に含まれるでんぷんを酵素によって糖化させることが重要です。

次に、ホップはビールに苦味や香りを与えるために使用されます。

最後に、酵母は糖をアルコールと二酸化炭素に変える重要な役割を担っています。

クラフトビールの醸造は、麦芽を水に浸し、糖化を進めていく「麦汁」を作り、この麦汁にホップを加え、酵母を加えて発酵させる、というプロセスで行われます。

クラフトビールの種類に応じた製法や特徴について

クラフトビールにはエール、ラガー、ポーター、スタウトなど、様々な種類があり、製法も様々。

エールは、麦芽を高温で発酵させたもので、フルーティーな香りや華やかな味わいが特徴です。ラガーは低温で発酵させたもので、軽やかな味わいやシャープな苦味が特徴です。ポーターとスタウトは、濃厚な味わいとコクがあり、特に寒い季節に飲まれることが多いです。

クラフトビールは、製法や原材料の違いによって様々な味わいを楽しめるため、ビール好きにはたまらない魅力があります。

クラフトビールの種類や味わいの特徴

エール、ラガー、ポーター、スタウトなどの代表的な種類について

クラフトビールは、種類や味わいが多岐にわたります。その中でも、代表的な種類としてエール、ラガー、ポーター、スタウトが挙げられます。

まずは、エールについてご紹介しましょう。エールは、イギリス発祥のビールで、酵母が発酵する温度帯が比較的高いため、スパイシーでフルーティーな香りと、苦味と甘みのバランスが特徴的です。中でも、IPA(インディア・ペール・エール)は、ホップの風味が豊かで、強い苦味が特徴的な人気の高い種類です。

次に、ラガーについて説明します。ラガーは、ドイツ発祥のビールで、酵母が低温で発酵することにより、すっきりとした味わいが特徴的です。一般的なビールのイメージに近い味わいで、初めてクラフトビールに触れる人にもオススメの種類です。

参考ラガーでおなじみのドイツビール「シュマッツ」のラインナップをみてみる

また、ポーターとスタウトは、ともにイギリス発祥のビールで、どちらも黒ビールに分類されます。ポーターは、フルーティーな香りと、濃厚なコクと苦味のバランスが特徴的です。一方、スタウトは、ローストした麦芽の風味が豊かで、クリーミーな泡立ちが特徴的です。中でもアイリッシュ・スタウトは、世界的に有名で、コーヒーやチョコレートのような風味が楽しめます。

以上が、代表的なクラフトビールの種類の一部です。これらのビールを飲み比べて、自分の好みの味わいを見つけるのも楽しいですね。

各種類の飲み方などについて

エール、ラガー、ポーター、スタウトは、それぞれ異なる味わいや特徴を持つクラフトビールの代表的な種類です。ここでは、それぞれの種類の飲み方について説明します。

エールの飲み方
  • エールは、比較的フルーティーな味わいが特徴的です。ビールグラスに注いで、泡立ちを良くした状態で飲むのが一般的です。また、冷やしすぎず、8〜12℃程度が適温とされています。エールは、食前酒としても人気があります。
ラガーの飲み方
  • ラガーは、エールに比べてスッキリとした味わいが特徴的です。ビールグラスに注いで、泡立ちを良くした状態で飲むのが一般的です。また、冷やしすぎず、5〜8℃程度が適温とされています。ラガーは、軽食や軽めの食事と一緒に飲むのがおすすめです。
ポーターの飲み方
  • ポーターは、ダークな色合いと濃厚な味わいが特徴的なビールです。泡立ちはあまりなく、ロックグラスに氷を入れて飲むことが多いです。また、冷やしすぎず、12〜14℃程度が適温とされています。ポーターは、デザートと一緒に飲むと相性が良いとされています。
スタウトの飲み方
  • スタウトは、ポーターに似たダークな色合いと濃厚な味わいが特徴的なビールですが、よりビターで苦味のある味わいがあります。ビールグラスに注いで、泡立ちを良くした状態で飲むのが一般的です。また、冷やしすぎず、1214℃程度が適温とされています。スタウトは、チョコレートやコーヒーとの相性が良いとされています。

国内の有名なクラフトビール銘柄や特徴的なビールについて

クラフトビールとは、ビールを大量生産する大手メーカーとは異なり、小規模な醸造所で醸造される手作りのビールのことを指します。日本でも、ここ数年でクラフトビールが注目されるようになり、各地に多くの醸造所が誕生しています。代表的な銘柄について紹介します。

◆ YONA YONA ALE(ヨナヨナエール)

埼玉県にあるヤッホーブルーイング株式会社が醸造する、フルーティーで爽やかな味わいが特徴のアメリカンペールエール。多くの人に親しまれる代表的なクラフトビールのひとつです。

◆ Hitachino Nest White Ale(常陸野ネスト ホワイトエール)

茨城県の酒造メーカー「常陸野ネスト株式会社」が醸造する、ベルギースタイルのホワイトエール。優雅な香りとフルーティーな味わいが特徴です。

◆ COEDO(小江戸ビール)

埼玉県の小江戸エリアで醸造される、独自の製法で作られるクラフトビール。COEDOの名前は、鎌倉時代に埼玉県に存在した古代の国「小江戸国」から取られています。

◆ Shiga Kogen Beer(志賀高原ビール)

長野県の志賀高原地域にある醸造所が醸造する、季節限定ビールが有名なクラフトビールブランド。冬には雪の中で醸造する「雪中レーベン」、春には山菜を使った「山菜ビール」など、独自のビールを提供しています。

◆ Baird Beer(ベアードビール)

静岡県にあるベアードブルーイングカンパニーが醸造する、多様なスタイルのビールが人気のクラフトビールブランド。軽めの飲み口と、程よい苦みが特徴的なビールで、初心者にもおすすめです。

◆ 青森エール(青森県)

青森エールは、青森県にある地ビール醸造所で作られるビールです。青森県産 のふじ・とき・王林を使用し、ビール用のエール酵母を使用して醸造しました。しっかりとした果実味の重みがありなが、後味のキレの良さがいい辛口のビールテイストシードルです。原材料がりんごのみのヘルシーなお酒ながら、芳醇で濃厚な味わいと飲み応えです。

◆ Echigo Beer(越後ビール)

新潟県妙高市で製造されている、日本で最も古いクラフトビールブランドです。ビール酵母と地元産の麦芽、ホップを使用し、伝統的な醸造技法にこだわっています。地元の食材を使ったコラボレーションビールも多く、地域との結びつきが強いブランドとして知られています。

◆ Fujizakura Heights Beer(富士桜高原ビール)

山梨県の南アルプスの麓に位置するリゾート地「富士桜高原」にある醸造所で製造されているクラフトビールです。伝統的なビールスタイルに加え、季節限定のフルーツビールや「和」をイメージしたビールなど、多彩なラインナップが特徴です。また、日本初のボトル熟成ビールを発売したことでも知られています。

◆ Yo-Ho Brewing Company(ヨーホーブルーイングカンパニー)

長野県で生産されている「YOHO BREWING」というブランド名で知られています。アメリカンスタイルのビールを中心に、多様なラインナップを展開しており、そのバリエーションの豊かさが魅力の一つです。また、缶ビールをモチーフにした「キリン 午後の紅茶 ザ・キャン」のコラボ商品が話題となり、新たなクラフトビールファンを獲得するきっかけとなりました。

◆ 軽井沢ビール「軽井沢ビール」

軽井沢ビールは、長野県軽井沢町にある軽井沢ビール醸造所が製造しているビールです。ドイツの醸造技術を取り入れ、フルーティーな香りや豊かなコクが特徴的です。

海外の有名なクラフトビール銘柄や特徴的なビールについて

海外にも多くのクラフトビール銘柄があり、その中には日本にはない独特な味わいや個性的なビールが数多く存在しています。代表的な銘柄について紹介します。

◆ Sierra Nevada Brewing Company(アメリカ)

アメリカのカリフォルニア州に本社を置くシエラネバダ・ブルーイング・カンパニーは、1980年代にアメリカのクラフトビールブームをリードする存在として誕生しました。代表的な銘柄は「シエラネバダ ペールエール」と呼ばれる、フルーティーで香り高い味わいと、程よい苦味が特徴的なビールです。

◆ Duvel(ベルギー)

ベルギーに本社を置くデュベル社は、独特な香りとキレのある味わいが特徴的なビールを生産しています。特に「デュベルトリペル」と呼ばれる、強いアルコール度数とフルーティーな香りが特徴的なビールが有名です。

◆ Stone IPA (アメリカ)

アメリカのストーン・ブルワリーから発売されているStone IPAは、IPA(インディア・ペール・エール)の中でも代表的な銘柄の1つです。アメリカンホップを使ったビールで、爽やかな苦味が特徴的です。グレープフルーツやパイナップルのような柑橘系の香りが強く、味わいもフルーティーで爽やかです。アメリカンクラフトビールの中でも人気が高く、多くのビール好きから支持を受けています。

◆ Weihenstephaner (ドイツ)

ヴァイエンシュテファナーは、世界で最も古いビール醸造所の一つで、ドイツ・バイエルン地方に位置しています。約1000年の歴史を持ち、ドイツビールの代表格として知られています。特に、最も古いビールスタイルの1つであるヴァイツェン(白ビール)が有名。発酵したバナナのような香りと、クリーミーで滑らかな口当たりが特徴的で、その品質は世界中のクラフトビールファンから高く評価されています。

ヴァイエンステファン ヘフヴァイス 大瓶 500ml×20本
created by Rinker

◆ Chimay (ベルギー)

シマイは、ベルギーのウォロン地域にある修道院で作られるビールで、トラピストビールの一種です。修道院内で醸造される伝統的な製法によって作られ、フルーティーで複雑な味わいが特徴です。種類によっては、瓶内二次発酵によって炭酸ガスを自然に生成する「ビールの樽熟成」という製法を採用しており、熟成が進むほど深い味わいになっていきます。

◆ BrewDog (イギリス)

ブルードッグは、スコットランドに本拠地を置くクラフトビールブランドで、世界的に有名なビールメーカーの一つです。IPAやポーターなどの定番アイテムから、ユニークな味わいのビールまで幅広いラインナップを展開しています。特に「パンクIPA」と呼ばれる、ホップの香りが強く爽やかな味わいが特徴的なビールが有名です。また、世界最大のクラウドファンディングを活用したビールの製造や、持続可能なビール製造に取り組むなど、積極的な取り組みが評価されています。

◆ Brewski (スウェーデン)

ブリュースキは、スウェーデンのハルムスタッドに本拠地を置くクラフトビールブランドです。Brewskiのビールはフルーツを使ったものが多く、約80%はベリーや果物を使ったビール。クオリティの高いホップの入手が難しかったため、それを補う形でマンゴーやパッションフルーツなど果物を生かしビールを醸造。その後もフルーツを使用したビールを多数醸造しています。

◆ Orval(ベルギー)

オルヴァルは、ベルギーのトラピスト修道院で作られるビールで、一般的にはトラピストビールの一種とされています。伝統的な方法で作られており、長期熟成を行うことで独特の風味が生み出されます。酵母が瓶詰め後も活発に働くことで、瓶内でビールが熟成されます。フルーティーで辛口、かつスパイシーな味わいが特徴で、樽から注がれると、クリーミーな泡と共に独特の風味が広がります。

◆ GUINESS(アイルランド)

世界150カ国以上で楽しまれているスタウトといえば『ギネス』で、アイルランド発祥のスタウトビールの代表格です。クリーミーな泡立ちや、コーヒーやチョコレートのような風味が特徴的です。

以上が、国内外で有名なクラフトビールの銘柄の一部です。それぞれの銘柄には特徴的な味わいがあるため、ぜひいろいろな種類のクラフトビールをお楽しみください。

クラフトビールの人気や評価、おすすめの飲み方

クラフトビールは、多くのビール愛好家や一般の人々から支持されています。その魅力や評判、おすすめの飲み方について、以下でご紹介します。

クラフトビールが人気を集める理由や魅力について

クラフトビールが人気を集める理由は、その豊富な味わいや個性的な特徴にあります。工業製ビールと比べて、より多様な麦芽やホップ、酵母、果物、スパイスなどの素材を使い、熟成期間も長く設定されています。そのため、多種多様な味わいを楽しむことができます。また、クラフトビールの醸造所は、地域性や伝統的な製法にこだわったビールを作ることが多く、その土地の文化や風土を感じられることも魅力の一つです。

クラフトビールが受ける評価や評判について

クラフトビールは、その製法や味わいの多様性、そして地域や銘柄によって異なる個性的な特徴などから、近年注目を集めています。そのため、世界的には一定の評価を得ているものの、まだ日本ではビール市場全体のシェアに占める割合は少ないとされています。

しかし、近年は多くの方がクラフトビールに興味を持ち、各地でクラフトビール専門のバーやショップが増えています。また、各地の地方特産品や季節限定の素材を使用したクラフトビールが注目を集め、地元のクラフトビール愛好家や観光客から支持を受けていることもあります。

クラフトビールのおすすめの飲み方や飲み比べについて

クラフトビールのおすすめの飲み方は、まずはビールグラスに注いで、香りや色合いを楽しみながら、口に含んで味わうことが大切です。また、クラフトビールは、ビールの種類や銘柄によって異なる味わいを持っているため、飲み比べをすることもおすすめです。

飲み比べをする場合は、同じ種類のビールを選んで、銘柄や製法、原料の違いによってどのような味わいの違いがあるかを比べるのが良いでしょう。また、クラフトビールはアルコール度数が高めのものが多いため、適量を守りながら楽しむことが大切です。

クラフトビールは、ビール初心者からビール愛好家まで、様々な人に楽しめるような味わいや個性的な特徴を持っています。ぜひ、自分好みのクラフトビールを探して、楽しんでみてください。

クラフトビールの健康効果について

クラフトビールには、様々な健康効果が期待されています。ここでは、その中でもポリフェノールやアルコールに注目し、その効果について解説します。

ポリフェノールや抗酸化物質の含有量の多さについて

クラフトビールは、ビール酵母やホップ、麦芽など、自然の原材料から作られることが多く、ポリフェノールや抗酸化物質の含有量が多いことが知られています。これらの成分には、細胞の老化を防ぐ効果や、糖尿病やがんなどの生活習慣病の予防効果が期待されています。

適量のアルコール摂取がもたらす効果について

クラフトビールには、アルコールが含まれます。しかし、適量のアルコール摂取には、健康に対して良い効果があるとされています。例えば、アルコールが血液をサラサラにして血栓の発生を予防したり、心臓の負担を軽減する効果が期待されています。ただし、過剰な飲酒は、肝臓や脳に悪影響を与える可能性があるため、注意が必要です。

健康に配慮したクラフトビールの製造や提供について

最近では、健康に配慮したクラフトビールの製造や提供が増えています。例えば、低アルコールやノンアルコールのクラフトビールが登場し、適量のアルコール摂取を心がけたい人にも選択肢が増えました。また、飲食店では、健康志向の人向けに、カロリーやアルコール度数などの表示がされていることがあります。これにより、自分に合ったクラフトビールの選び方がより一層しやすくなりました。

以上のように、クラフトビールには、健康効果が期待されていますが、飲み過ぎには注意が必要です。適量を守りながら、健康に配慮したクラフトビールの選び方や飲み方を心がけることが大切です。

クラフトビールの文化や社会的意義について

クラフトビールは、単に美味しいビールを楽しむだけではなく、その背景には多くの文化や社会的意義があると言われています。以下では、クラフトビールが社会にもたらす影響や、地域や文化に与える影響、そして伝えるメッセージや価値観、発展に関する取り組みやイベントについて紹介します。

クラフトビールが社会にもたらす経済効果や雇用創出について

クラフトビール産業は、大規模なビール会社と比べれば小規模なものですが、その経済効果は大きく、地域経済に貢献しています。クラフトビール醸造所や販売店、レストランなどが開業することで、新たな雇用の創出や、観光地の魅力向上に繋がることがあります。また、クラフトビールはインターネット上でも広く販売されており、地方で生産されたクラフトビールを全国に届けることが可能になっています。

クラフトビールが地域や文化に与える影響について

クラフトビールは、地域や文化と密接に関連しています。例えば、ビールの原料となる麦やホップは地域によって異なり、その地域特有の味わいを生み出すことができます。また、クラフトビールは多様なビールスタイルを生み出し、その背景には文化や歴史、伝統などがあります。さらに、クラフトビールは地域や文化の魅力を世界に発信する手段としても活用されています。

クラフトビールが伝えるメッセージや価値観について

クラフトビールは、ビールのみならず文化や価値観を伝えるものとして注目されています。クラフトビールは、工夫やアイデアが詰まった個性的な味わいを持つことが多く、それが多様性や自由な発想の重要性を訴えるメッセージとなっています。また、クラフトビールが地域の食材や文化を取り入れたビールを作ることが多いため、地域の良さや魅力をアピールする役割も担っています。

一方、クラフトビールが大量生産のビールと異なるところは、ビールを作るプロセスや原材料、そしてビールを飲む人々とのつながりを重視することです。地元の農家から仕入れた麦やホップ、自社で栽培したハーブやフルーツを使ったビールや、地元のお店やイベントでしか販売されていないビールなど、クラフトビールはビールを通じたコミュニティを生み出すこともあります。

クラフトビール文化の発展に関する取り組みやイベントについて

クラフトビールを楽しむためのイベントや取り組みが各地で行われています。例えば、ビール祭りやクラフトビールのフェスティバルが開催されることがあります。これらのイベントでは、地元のクラフトビール醸造所が集まり、多くの種類のビールが楽しめるほか、フードトラックやライブ演奏なども楽しめる場合があります。

また、地元のクラフトビール醸造所をめぐるツアーや、ビール醸造の講座なども行われています。これらの取り組みは、クラフトビールが地域の文化や産業として発展する一助となっています。

クラフトビールは、ビールだけでなく文化や価値観を伝えることができる飲み物です。多様な味わいや地域性を反映したビールを提供するクラフトビール醸造所の存在が、地域の発展につながることもあるため、今後も注目されることでしょう。

クラフトビールの未来について

クラフトビールは、近年ますます注目を集めています。そのため、クラフトビール産業の今後の発展について考えることが重要になってきます。以下では、クラフトビールの未来について取り上げてみます。

クラフトビール産業の今後の発展について

出所:アサヒグループホールディングス

クラフトビールは、大手ビール会社と比べるとまだまだ小規模ですが、その市場規模は拡大しています。世界中で新しいクラフトビールメーカーが現れており、競争も激しくなっています。今後もクラフトビールが消費者に支持されることは間違いありません。さらに、日本国内においては、ビール消費量が減少している中で、クラフトビールの消費量は増加している傾向にあります。今後、クラフトビール産業は、ますます発展していくと予想されます。

環境問題や健康志向などに対応するための取り組みについて

クラフトビール産業では、環境問題や健康志向などに対応するための取り組みが進んでいます。例えば、環境に配慮した製造方法や、地元の原料を使用することで、地域の資源を活用し、CO2排出量を削減するなどの取り組みが行われています。

また、近年ではアルコール度数の低いビールや、アルコールゼロのビールも増えています。これは、健康志向が高まり、アルコール量を減らす傾向があるためです。クラフトビールでも、アルコール度数の低いものや、アルコールゼロのものが増え、幅広い層から支持されています。

クラフトビール愛好家や生産者の声に耳を傾けた未来像について

クラフトビール愛好家や生産者の声に耳を傾けた未来像として、より地元の原料を活用し、地域の文化や風土を反映したビールの製造や、ビールと食事のマッチングを楽しめるビアレストランの増加、地域との連携したビールイベントの開催などが考えられます。

また、クラフトビールがより身近な存在になることで、ビールを通じたコミュニケーションの場が広がり、人々が互いの文化や価値観を共有することができるようになるかもしれません。さらに、クラフトビール産業が地域経済や雇用に与える影響も大きくなることが期待されています。

以上が、クラフトビールの未来についての考え方です。クラフトビールは、多様なビールの種類や、それぞれの銘柄に込められたストーリー、製法など、魅力的な要素がたくさんあります。今後も、多くの人々に愛されるビール文化として、発展していくことが期待されます。

日本全国のご当地ビール

クラフトビールは、世界中で愛されるビールの一つです。その豊かな味わいや深い歴史、そして社会的意義に触れることで、さらなる魅力を感じることができるでしょう。クラフトビールは、現在現地でしか味わえないものでもECサイトやふるさと納税の返礼品で味わうことができます。是非、今後もクラフトビールを楽しんでいただければ幸いです。

千葉でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれるおすすめ人気のビール千葉でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれるおすすめ人気のビール岡山でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれるおすすめ人気のビール青森でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれるおすすめ人気のビール沖縄でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれるおすすめ人気のビール福井でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれるおすすめ人気のビール岩手でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれるおすすめ人気のビール大阪でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれるおすすめ人気のビール長崎でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれるおすすめ人気のビール埼玉でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれるおすすめ人気のビール秋田でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれるおすすめ人気のビール福岡でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれるおすすめ人気のビール滋賀でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれるおすすめ人気のビール岐阜でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれるおすすめ人気のビール鳥取でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれるおすすめ人気のビール高松でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれる香川の人気ビール愛媛でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれる松山の人気ビール佐賀でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれるおすすめ人気のビール栃木でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれるおすすめ人気のビール三重でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれるおすすめ人気のビール東京でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれるおすすめ人気のビール宮崎でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれるおすすめ人気のビール長野でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれるおすすめ人気のビール山口でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれるおすすめ人気のビール島根でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれる出雲の人気ビール山形でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれるおすすめ人気のビール茨城でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれるおすすめ人気のビール新潟でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれるおすすめ人気のビール高知でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれるおすすめ人気のビール仙台でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれる宮城の人気ビール和歌山でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれるおすすめ人気のビール山梨でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれるおすすめ人気のビール北海道でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれるおすすめ人気のビール静岡でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれるおすすめ人気のビール徳島でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれるおすすめ人気のビール横浜でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれる神奈川の人気ビール大分でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれるおすすめ人気のビール広島でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれるおすすめ人気のビール名古屋でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれる愛知の人気ビール熊本でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれるおすすめ人気のビール石川でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれる金沢の人気ビール福島でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれるおすすめ人気のビール神戸でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれる兵庫の人気ビール群馬でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれるおすすめ人気のビール奈良でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれるおすすめ人気のビール富山でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれるおすすめ人気のビール鹿児島でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれるおすすめ人気のビール京都でしか買えないクラフトビール|お土産にも喜ばれるおすすめ人気のビール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です